«

»

1月 31

UQ mobileはもう格安SIMカードじゃない!?

UQ mobileがUQコミュニケーションズ運営のサービスに切り替わってから、
auのサブブランド化がどんどんと進行しており、
もはや格安SIMカードという呼称は適当ではないような印象すらある。

2月からは通話定額で1GB、3GB、7GBのプランがそろい、
まさにワイモバイルと横並び状態になる。

一応SIMカードだけ注文することもできるし、
そういうプランも用意されてはいるんだが、
UQコミュニケーションズが売りたいと思っているのは先ほどのプランだ。
つまりauよりちょっと安い「全部入り」のプランということになる。

単純にそちらの方が利益が出やすいんだろう。単価も高いことだ。
利益の出やすい方を売っていきたい気持ちはよく分かる。

だが格安SIMカードのユーザーたちが、そういう
全部入りプランばかりを望んでいるかというと、
ちょっと違うんじゃあないかとも思う。
そういう層に響くプランもあっていいと思うのだ。